社外活動のご紹介「野球部編」

今回のコラムは朝日衛生材料の軟式野球部「アルスターズ」の紹介です。創立から15年、これまでの活動内容やチームの特徴について知っていただく機会となれば幸いです。
朝日衛生材料の軟式野球部「アルスターズ」
こんにちは、今回のコラムを担当させていただく迷監督中園と不動の(動かない)ファースト大川です。
今回のお題は、あまり知られていないですが、実は社員の半数が所属する朝日衛生材料軟式野球部です。

沿革は次のとおりです。

チーム名:アルスターズ
創立:15年目
部員数:22名 23歳〜55歳
主な活動:
 練習・練習試合(月1〜2回)
 大阪薬業保険組合主催の軟式野球大会(年に1回)
 羽曳野市軟式野球連盟主催の軟式野球大会(年に3回)

黎明期は野球好きの社員が集まってチームを結成しました。
経験者も少なく、むしろ未経験者の集まりでした。

活動メインである、年に1度の薬業大会では一回戦突破が目標の弱小チームでした。
それは今もあまり変わってないですけどね……(笑)

2回戦ましてや3回戦に勝ち進んだ時のチームの喜びは、まるで優勝したチームの様でした。
なんせ普通の外野フライを普通に捕球すれば全てファインプレー!!だったので……当然ですよね(笑)

そして月日は流れて、発足11年目に中園が監督に就任させて頂きました。
目標としては、悲願の薬業大会優勝を掲げました。

しかし、我々は職業野球人ではないので、その目標だけではそれほど長く活動が継続することがなかったかも知れません。
そこで、野球部活動を盛り上げたのが、次に掲げるスローガンでした。

どんなプレーも笑顔で!平凡なプレーもファインプレー!最後は情熱だ!
そして、一番おもしろいチームになる!という目標でした。

エラーや三振等ミスをした時、選手は沈黙し、チームの雰囲気も悪くなりがちです。
そんな時は、まずはチーム全体で笑い飛ばし、声をかけ合い、ミスをチーム全体でフォローし合い、次のプレーにつなげる雰囲気作りを心がけました。

同時に、若い野球経験者が入社し、チームにも加入して、弊社最大の特徴である、笑いあり、楽しい社風を最大限に生かして、簡単には負けない最高に面白いチームになりました。

成果として薬業大会では

11年目 3位
12年目 準優勝!!!
13年目 3位
14年目 1回戦敗退……(え、シードなのに??笑)
今年15年目 復活の3位

この5年間でベスト4以上が4回の大会屈指の強豪チームになりました。
大会にご協力してくださっている審判団にも認知される名物チームに変貌しちゃいました♪

朝日衛生材料の軟式野球部「アルスターズ」

チームメンバーの所属部署は、営業部、商品部、生産部、総務部と全部門にわたり、普段仕事においてはあまり接点がないもの同士もいます。

しかし、野球の試合や練習で会えば、目標に向かって突き進む仲間になり、特に試合後の社内では、エラーやタイムリーヒットの話で盛り上がり雰囲気も良くなり、同じ話が一週間は続きます(笑)

戦力的には若手の加入以外はあまり変わっていません。
不動のファーストは動かないし、監督はプレーヤーとしては使い物になりません。

それでもこれだけの成果が残せたのは、1人の天才プレーヤーと投打の変態紳士、レギュラーメンバーの頑張りはもちろんですが、公式戦では出場機会皆無の皆勤賞でスコアラー(次期監督候補)、参加した選手は声を出して試合を盛り上げてくれます。

応援の為だけに遠い所にかけつけてくれる社員もいます。

相手のチームもこのチームの雰囲気に驚き、戦力的には圧倒的に負けていても雰囲気と勢いで飲み込んで勝利するのが方程式みたいにもなっています。

このようにたくさんの裏方に支えられ『全員野球』でいい結果に結びついたのではないかと心底皆が思っています。

現在、一塁手、二塁手、三塁手、遊撃手の合計年齢が200歳を超え……試合前の準備運動もままならなくなってきました……
内野手が元気なうちに優勝したいです……

朝日衛生材料の全体としてチームワークや雰囲気がいいのは、このように社外活動でもわいわいと楽しく、目標に向かってがんばっているのも一役かっているかもしれませんね。

今後とも朝日衛生材料をよろしくお願いします。
最後までご拝読ありがとうございます。


本社営業部 中園 将教
本社営業部 大川 幸一
2019年08月04日